<< /usr/local/wizd | main | source/wizd_menu.c >>

スポンサーサイト

  • 2011.01.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

/usr/local/lib/libiconv.so

macOSX のUTF-8日本語コードは濁点の配置が少し違っているようで、wizdを使うとディレクトリ名やタグの濁点がなくなってしまう。サザンオールスターズがササンオールスタースと表示され、なんとも情けない。
macOSX用に、この辺に対処したパッチを作成されている方がいらっしゃるので、玄箱のwizdにこのパッチをあてることにする。このパッチは文字コード変換にiconvを使うため、同時に玄箱にもUTF-8-MACに対応したiconvを入れる。

  1. http://www.opensource.apple.com/darwinsource/ からlibiconv-13(ppc)のソースをダウンロード

  2. libiconv-13/libiconv/lib/utf8mac.hにパッチを当てる

  3. libiconv に移動して、configure、make、make install

  4. wizd_menu.cにパッチ

  5. wizdのMakefileに、-L/usr/local/lib -liconv を追加

  6. 必要に応じて /etc/ld.so.conf も変更し ldconfig する

  7. wizdを再度make 、make install


libiconv-13/libiconv/lib/utf8mac.hのパッチ

オリジナル
#include <libkern/OSByteOrder.h>

パッチ
//#include <libkern/OSByteOrder.h>
#include <byteswap.h>
#define OSSwapInt16(x) bswap_16(x)

スポンサーサイト

  • 2011.01.03 Monday
  • -
  • 11:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
Javaチュートリアル第3版
Javaチュートリアル第3版 (JUGEMレビュー »)
メアリ カンピオーネ, アリソン ハムル, キャシー ウォルラス, Mary Campione, Alison Huml, Kathy Walrath, 安藤 慶一
Java初心者と、基礎からもう一度復習したいという方におすすめ。
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM